News & Research

お知らせ・リサーチ

アラヤとモルフォが業務提携契約、エッジAIを加速させるAIモデル自動圧縮ソフト「Pressai」を共同開発

株式会社アラヤ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:金井 良太、以下 アラヤ)と株式会社モルフォ(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平賀 督基、以下 モルフォ)は、業務提携契約を締結し、AIモデル(ニューラルネットワーク)の自動圧縮ソフトウェア『Pressai(プレッサイ)』(CPU版)を共同で開発することを2020年1月16日に発表します。
本ソフトウェアは、2020年3月リリース予定です。エッジAIの実現を加速させるため、自動車、スマホ、家電、セキュリティカメラ、ドローン、ロボットなどの業界に向けたビジネス展開において、両社は密に連携していきます。


【背景】
近年、ディープラーニング技術の普及にあたり、「エッジAI」が大きな注目を集めています。自動車やモバイル機器、組み込み機器、各種センサー等のエッジデバイス上に高性能なAI(人工知能)/ディープラーニングモデルを実装して、よりリアルタイム・高速な推論処理を行うことが期待されています。

【Pressaiについて】
Pressaiは、元のAIモデルと同水準の精度を維持したまま、演算量を最大で約1/30に圧縮し、チップへの実装プロセスまでを自動化する、エッジAI実現のためのソフトウェアです。Pressaiの圧縮技術には、アラヤの独自手法をはじめ、複数の手法が組み込まれています。圧縮の後段では、モルフォのディープラーニング推論エンジンSoftNeuro®を利用してCPU処理最適化を行います。これにより、圧縮や実装の工程自動化による開発・作業時間の短縮や、エッジデバイス上でのより高速かつ低消費電力な動作を実現し、エッジAIの実用化を強力にサポートします。
Pressaiの顧客窓口はアラヤが行い、顧客個別のコンサルティングやカスタマイズなどにも対応していきます。

プレスリリース (PDF)
アラヤのエッジAI事業について
Pressaiについて