アラヤの基礎研究が目指す世界

意識がどのようにして脳から生まれてくるのかという問題は、現代の科学においても未だ謎に包まれています。アラヤでは、意識のもつ生物学的機能の観点から、なぜ意識が進化の過程で生まれたのか、AIに意識を持たせるにはどうしたら良いのかなどの問題に取り組んでいます。神経科学や情報理論など分野を問わず、意識研究の成果をAIの実装にむけて再解釈することで、次世代の人工知能の技術の開発を目指しています。

基礎研究のトピックの例

意識の情報理論的な研究(統合情報理論、情報生成理論、情報閉包理論など)
意識の機能のAIによる実装
グローバルワークスペース実装
深層強化学習と内発的動機
エージェントの情報理論(自由エネルギー原理など)
脳と機械における好奇心の比較
脳と機械におけるメタ表現とメタ学習の比較
目的ベースの(マルチ)エージェント制御
ブレイン・マシン・インターフェースのためのAI技術
脳と脳をつなぐための情報技術の開発

アラヤの研究での知見を実用化する

アラヤでは、これらの研究での知見を実用に結びつけることを常に目指しています。
強化学習や模倣学習の技術を、建設機械の自動化や、ゲームのプレイ自動化に応用したりしてきました。情報理論を用いた研究では、新たなデータ分析の方法として、クライアントに新たなデータ分析の手法として提供した実績などがあります。脳研究での経験と知見は、事業会社における新規商品開発に向けた研究開発の文脈で、専門的な知識に基づいた実験デザインの検討からデータ解析までを担当させていただいています。

応用事例

強化学習や模倣学習を用いた建機自動化やゲームプレイ自動化
統合情報理論に基づいた新規データ分析手法の提供
世界モデルをもつ自律ドローンの開発
好奇心をもつ室内移動ロボットの開発
脳科学実験のコンサルティング及び解析
脳データの自動解析パイプライン構築