ヘルスケア・介護・医療業界向け

はじめに

アラヤは既存技術とお客様に合わせた個別開発を組み合わせることで、業務で“本当に使えるAI”を実現し、お客様の業務課題を解決します。
ここでは、ヘルスケア・介護・医療業界向けのソリューションの例についてご紹介します。

ヘルスケア業界の課題1:姿勢の可視化・効果測定・転倒検知

例えばフィットネス業界では、トレーニングやエクササイズ受講者が適切な姿勢・動きを取れているかのチェックが重要になります。
介護・医療業界では、在宅介護中の高齢者の長時間の寝たきり・ベッドからの転倒を検知する必要があります。
一方で、人の目によってこれらを常にチェックすることは困難です。

これらの課題に対し、アラヤの画像認識AI技術により、人の姿勢の可視化や、それによる運動効果測定・転倒検知・健康管理などが可能になります。

関連デモ動画

・以下の動画は、動画に映っている人間の関節点(キーポイント)の位置と姿勢を推定している様子です。比較的多くの人数が同時に写っていても姿勢の推定ができています。
この技術を応用することで、例えばエクササイズの受講者や、介護対象者の姿勢の解析などが可能になります。

ヘルスケア業界の課題2:脳画像・脳波データ解析

MRIや脳波には脳疾患、精神疾患等に関する様々な情報が埋もれています。一方で、たった1人の脳から得られるデータだけでも十分に巨大かつ複雑で、巨大データに適した解析環境を整えて先進的な解析を行うためには膨大な労力が必要となります。

この課題に対し、アラヤの脳・神経科学 データ解析サービスにより、これらのデータ解析の支援をいたします。
具体的には、複雑なプログラミングや煩雑な解析環境整備に囚われることなく、ボタンを押すだけで、お客様の手元で最先端の解析を行うことが可能です。また、AI・機械学習技術を使用した脳からの特性・症状・健康指標の予測モデル構築をお手伝いします。

まとめ:ヘルスケア・介護・医療業界でAIの導入をご検討中の方へ

ヘルスケア・介護・医療の現場へのAI導入については、ぜひアラヤにご相談ください。AI開発のご経験がある方にも、初めてAI開発に携わる方にも、丁寧な提案・説明を心がけております。